透明感がある白い肌は多くの方が憧れていますよね。
少し前までは日サロにいって肌を小麦色に焼くのが流行っていた
こともありましたが、今は美白が流行しています。

肌の黒いほうが好きだ、という人も多いですし美白だけが
いいというものでもないですが、今回は流行している
美白になる方法を紹介しますね。

最近は紫外線による悪影響も注目されていて、それも含めて
美白の流行に繋がっていると言えます。

美白のためには紫外線のケアやその他色々な肌が白くなる方法を
実践していることでしょう。

日焼け止めを欠かさず使ったり、美白化粧品を使ったりする方は
多いと思いますが内側からもケアできないのか気になりませんか?
食材、食品を使った美白ケアもいま注目されています。

今回、こちらでは食べ物で肌が白くなる方法について紹介しています。

肌を内側からケアしたい、美白を維持したいという方は
ぜひ参考にしてみてください。

■肌が黒くなるのはなぜ?

肌が黒くなるのはメラニン色素の影響です。
もともと持っているメラニン色素の量は人それぞれで異なり、
紫外線などで増えるものでも肌色に影響します。

紫外線による日焼け、メラニン色素が増えるのは地黒の人でも
紫外線対策をしターンオーバーを整えれば
ある程度美白に近付けることはできます。

肌が白くなる方法としては、紫外線対策をしメラニン色素の量を
増やさないようにすることが大切です。

■食べ物を取り入れた肌が白くなる方法とは?

①積極的に摂取したい栄養素

内側から美白を目指すのに積極的に取り入れたいのはビタミンCです。
野菜、果物に多く含まれるビタミンCは美白にいいと有名な
栄養成分ですよね。

ターンオーバーを整える効果や美白に効果があるので、毎日の食事で
積極的にビタミンCを含む食品を取り入れましょう。

食べ物だけでしっかり補うことが難しい方はビタミンCの
サプリメントを活用するのがおすすめです。

②小麦粉を使ったパック

小麦粉パックは雑誌、テレビでも紹介されたことがある
肌が白くなる方法です。
食べ物を使ったパック方法として今話題になっているんですよ。

小麦粉のパックの作り方は、小麦粉スプーン1~2杯に少量の水を
加えて好みの硬さに練り、顔に塗って10分以上放置するだけの
簡単なパックです。

10分放置したらぬるま湯や水で洗い流してください。

ここでしっかりすすぎ洗いができていないと黒ずみ、肌荒れの
もとになるので注意しましょう。
また、小麦アレルギーがある方はアレルギー症状を起こす可能性が
あるので、あまりおすすめはしません。

もし行うとしても体調の変化には十分に気を付けてください。